FC2ブログ

スタディサプリ English

スタディサプリと言う英語教材を初めてから、2ヶ月半が経ちましたが、全然飽きません。 飽きるどころかやる時間がないとストレスになるほど、やりたくなります。NHKの語学学習も平行して行っていましたが、いつのまにか、まったくやらなくなってしまいました。
なぜ継続できるかのひとつの理由に時間を管理してくれるのがあるように思えます。連続して勉強した日数や一日の勉強時間、週の勉強時間などを管理してくれるので、必然とやりたくなります。



一日の勉強時間の目標を60分に設定していて、出来ない日もありますが、出来なかったら他の日でカバーするといったやり方で週の目標を達成するようにしています。 勉強時間を60分としても、実際にアプリを操作している時間などは含まれていないので、実際は120分ほどは勉強していると思われます。 毎朝、早起きをして一番頭のさえている時に集中してやりますが、大体連続して1時間半位やると疲れてきます。これで、勉強時間は40ー50分位なので、残りはヒマを見つけてはコツコツやっています。

自分が現役の時にこのアプリがあったらなあ、とつくづく思いますが、人には教えたくないんじゃないかなあ?追い越されちゃうと悔しいしね。

で、効果は? このアプリには自分の聞き取りの弱点を解析してくれて、その音を使った文の聞き取りを集中的に行えるのですが、やっている人の感想を聞くと、2ヶ月位で効果が解るとの意見が多いですが、自分はどうだろう?
確かに過去に聞き取れなかった例題をしばらくしてからやると、簡単に聞き取れるようになっているのもあるので、少しは効果があるのだろうとは思うけど、あれほど、集中して練習したのにしばらくしたら、全く聞き取れないのもあるので、もう少し、継続が必要かなと思います。

最近はこのアプリTVでもコマーシャルやっているみたいで、一日3分で効果が得られると言っているが、若い人だと3分で十分なのだろうか? 62才のジジイは2時間ほど毎日やってますが、効果は少し。 でも一ヶ月1、050円で楽しみながら出来るので、安い趣味のひとつとなりました。
スポンサーサイト

TED ME アプリ

本日、自分のアンドロイド タブレットを使っていたら、TED ME アプリをオススメとして紹介された。 TEDと言えば英語学習のサイトでこれまではWEBの機能を使って使用していました。 このサイトでも満足していたのですが、専用のアプリがあるのなら使って見ようと早速インストールしました。


なかなか使えそうです。 縦表示しかできないようなので、スマホ用なのでしょうけど、タブレットでも使い勝手は良いようです。 字幕も英語だけ、日本語だけ、両方と凄く使えそうです。 シャドーイングやリピート機能なども、WEBよりも簡単に出来ます。

iPadにはまだインストールしてませんが、TEDはあることは確認しました。

NHKの語学サイトのアプリもどんどん充実してきていて、英語を勉強している者にとっては天国のような状態です。
後はやるかやらないかだけなんですけどね。

New Driver

新しいドライバーを購入しました。 英文の説明文にちょっと興味があったので、訳して見ました。

SPEED AND FORGIVENESS FOR ALL GOLFERS

これはタイトルなのですが、日本語の説明の方には 製品特徴と書いてあります。 直訳すると スピードとすべてのゴルファーに寛容 ですが、日本語にするのが難しかったのですかね?

M2 utilizes multi-material construction to unlock incredible distance and consistency.

私が訳すと、 M2は驚くほどの飛距離と正確性を実現するために複数の材料によって構成されてます。 ですが、メーカーの訳は M2ドライバーには更なる飛距離を追求するための様々な機能が搭載されています。 となっています。

The low-back CG of the M2 launches the ball higher, while the Speed Pocket acts to reduce spin.

私の訳は M2の下と後ろの部分のCG(多分カーボングラファイト)はボールを高く飛ばし、スピードポケットはボールの回転数を減らします。 ですが、メーカーの訳は ヘッドの低重心化を実現するため、「」軽量グラファイト、コンポジット、クラウン」 を搭載。ソールにはミスヒット時に発生する無駄なバックスピンを抑制する「スピードポケット」を搭載してます。 とかなり、英文にはない細かい説明で、さらに意味の分からない和声英語が入って来ます。



まだまだ、ありますが、疲れたのでこの辺で、

ゴルフって凄く和声英語が多いので、英語を勉強している自分からすると嫌になることが多いです。

今一番、ゴルフの和声英語で嫌いなのは、ユーティリティという単語です。日本でユーティリティというと、アイアンとウッドの間のクラブを指します。多分、便利なクラブということで使っていると思いますが、英語では両方の機能があるということで ハイブリットと言います。

一番最初に出てくる "utilize" という動詞の使い方を見れば日本での使い方の間違いは歴然です。

The up-and-down in golf

今日は朝4時半頃に目が覚めてしまい、体は疲れているのにこれ以上眠れそうもないので、US PGA ツアーの最終戦を見てました。
タイガーウッズの5年ぶりの勝利は世界中のゴルフファンを魅了しました。



なるべく英語の勉強の為に英語で聞いているのですが、タイガーが言った言葉の中に up-and-down に成功したという言葉に疑問を持ちました。
ゴルフで一般的にアップダウンと言ったら、地形の上下の差を言うとばかり思っていたが、どうやら、日本語の 「寄せワン」の事をいうらしいです。「寄せワン」とはグリーン外の所からアプローチして1パットでパーを取ることなんですが、なぜこれを 「アップダウン」というのだろうと調べてみました。 通常パットを打つときは一度ボールを取り上げてボールを綺麗にします。 この行為をどうやら 「アップ」というようです。 そして 「ダウン」はカップに沈めるということらしいです。 従って アップダウンに成功したと言うと、寄せワンに成功したということらしいです。

私もアメリカ人とは何度もゴルフをプレーしてますが、知りませんでした。

Workaholics vs Workafrolics

最近、英語学習の為にTEDを聞いている。 TEDは英語や日本語の字幕が出るので英語勉強には便利である。 私の使い方は色々で、好きなテーマを選んで聞き流したり、途中で止めてリピートしながら聞いたり、興味深い文章があれば徹底的に調べたりしています。
これを聞いていて、一番悔しいのは観衆が笑う時に全く意味が解らない時です。
今聞いているのが、[8 secrets of success] なのですが、この中で 観衆が爆笑するところがあるのですが、意味が解りませんでした。

TEDsters do have fun working. And they work hard. I figured, they're not workaholics. They're workafrolics.

workaholics は何となく、仕事中毒とか仕事依存症とかは分かったのですが、微妙に、発音とスペルの違う workafrolics はいくら辞書を調べても解りませんでした。ネットでググってもTEDの中で使っているのを聞いて私と同じ疑問を持った人の質問があった位でした。
そしてTEDの日本語訳は 「仕事おたく 」でした。

仕事で成功している人は仕事を楽しんでいて、ハードに働いています。 彼らは仕事依存症ではなく仕事オタクなのです。

という意味のようです。

この訳を学んでちょっと思った事は、私の英語学習はまだ、中毒にもなっていないなあ? もっとオタクになるくらい追求しないといけないのだろうなと。

成功した人の8つの秘密のリンクは
8 Secrets of success

です。
プロフィール

Yoppapie

Author:Yoppapie
ただの酔っぱらいの独り言です。
外資系の半導体関係の仕事をしていましたが、52歳で退職して今61歳です。
ボケてしまうことを恐れ、ブログをはじめ、そのネタ作りの為に料理やギターを始めました。英語勉強の為に英語で書いてありますが間違いだらけです。
数年間放置してしまいましたが、英語の勉強とギターを再開したので当ブログも再開します。

日本語のブログもやってます。

http://goltteria.blog26.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR