FC2ブログ

New Driver

新しいドライバーを購入しました。 英文の説明文にちょっと興味があったので、訳して見ました。

SPEED AND FORGIVENESS FOR ALL GOLFERS

これはタイトルなのですが、日本語の説明の方には 製品特徴と書いてあります。 直訳すると スピードとすべてのゴルファーに寛容 ですが、日本語にするのが難しかったのですかね?

M2 utilizes multi-material construction to unlock incredible distance and consistency.

私が訳すと、 M2は驚くほどの飛距離と正確性を実現するために複数の材料によって構成されてます。 ですが、メーカーの訳は M2ドライバーには更なる飛距離を追求するための様々な機能が搭載されています。 となっています。

The low-back CG of the M2 launches the ball higher, while the Speed Pocket acts to reduce spin.

私の訳は M2の下と後ろの部分のCG(多分カーボングラファイト)はボールを高く飛ばし、スピードポケットはボールの回転数を減らします。 ですが、メーカーの訳は ヘッドの低重心化を実現するため、「」軽量グラファイト、コンポジット、クラウン」 を搭載。ソールにはミスヒット時に発生する無駄なバックスピンを抑制する「スピードポケット」を搭載してます。 とかなり、英文にはない細かい説明で、さらに意味の分からない和声英語が入って来ます。



まだまだ、ありますが、疲れたのでこの辺で、

ゴルフって凄く和声英語が多いので、英語を勉強している自分からすると嫌になることが多いです。

今一番、ゴルフの和声英語で嫌いなのは、ユーティリティという単語です。日本でユーティリティというと、アイアンとウッドの間のクラブを指します。多分、便利なクラブということで使っていると思いますが、英語では両方の機能があるということで ハイブリットと言います。

一番最初に出てくる "utilize" という動詞の使い方を見れば日本での使い方の間違いは歴然です。
スポンサーサイト



The up-and-down in golf

今日は朝4時半頃に目が覚めてしまい、体は疲れているのにこれ以上眠れそうもないので、US PGA ツアーの最終戦を見てました。
タイガーウッズの5年ぶりの勝利は世界中のゴルフファンを魅了しました。



なるべく英語の勉強の為に英語で聞いているのですが、タイガーが言った言葉の中に up-and-down に成功したという言葉に疑問を持ちました。
ゴルフで一般的にアップダウンと言ったら、地形の上下の差を言うとばかり思っていたが、どうやら、日本語の 「寄せワン」の事をいうらしいです。「寄せワン」とはグリーン外の所からアプローチして1パットでパーを取ることなんですが、なぜこれを 「アップダウン」というのだろうと調べてみました。 通常パットを打つときは一度ボールを取り上げてボールを綺麗にします。 この行為をどうやら 「アップ」というようです。 そして 「ダウン」はカップに沈めるということらしいです。 従って アップダウンに成功したと言うと、寄せワンに成功したということらしいです。

私もアメリカ人とは何度もゴルフをプレーしてますが、知りませんでした。
プロフィール

Yoppapie

Author:Yoppapie
ただの酔っぱらいの独り言です。
外資系の半導体関係の仕事をしていましたが、52歳で退職して今61歳です。
ボケてしまうことを恐れ、ブログをはじめ、そのネタ作りの為に料理やギターを始めました。英語勉強の為に英語で書いてありますが間違いだらけです。
数年間放置してしまいましたが、英語の勉強とギターを再開したので当ブログも再開します。

日本語のブログもやってます。

http://goltteria.blog26.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR