スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DAWで簡単にギターバッキングを作る

DAWを使うのって凄く難しいです。
購入してから、何度もRolandに問い合わせをして、少しづつ何とか使えるようになってきてます。
最近では簡単にバッキングトラックを30分程度で作れるようになりました。

今日は自分への覚書という事で日本語で、

1. ネットからGuitar proのデータファイルをダウンロードする。 
   邦楽はほとんどありませんが、洋楽であればほとんどあります。
2. TuxGuitarというフリーソフトで落としたファイルをMIDIデータに変換する。
3. DAWでMIDIデータを読み込みソフトシンセを割り当てます。
4. ドラムやベースはよりさまざまなソフトシンセがあるので好みで切り替えます。
5. ミックスダウンしてWAVとかMP3に落とす。

好みのソフトシンセを選んだり、ミックスする時にエフェクターとか音作りに凝りだすと、
時間は無限大にかかりますが、あまり凝らなければ、大体30分もあれば、
上記の作業は終わります。

ちなみに簡単に作って、こんな感じです。

ドラムとベースの音にリズムギターの音を小さい音で入れてます。

[VOON] Fool for your loving DBR

これはドラムとベースだけです。

[VOON] Fool for your loving DrumBass

ここまでは、30分で終わりましたが、少しづつ、気になるところを変更しだすと、
時間はあっという間に過ぎてしまいます。 (笑
ドラムキットを変更し、ベースはJazz Bassから Bass Manに変更、
リズムギターはTTS1からサウンドセンターのレスポールに変更。
シンセは忘れた。 けど、楽器を変えるとこんな感じになります。
MIDIのデータを見たら音の強弱がすべて一定でしたので、やはり音は機械的です。
強弱をつければ、少し人間的になるらしいですが、 今日はここで終了。

[VOON] Fool for your loving part4

作り方の詳細は長くなりそうなので、続きからの所に書きます。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Yoppapie

Author:Yoppapie
ただの酔っぱらいの独り言です。
外資系の半導体関係の仕事をしていましたが、52歳で退職してからもう4年以上が過ぎてしまい今56歳です。
ボケてしまうことを恐れ、ブログをはじめ、そのネタ作りの為に 料理やギターを始めました。

英語勉強の為に英語で書いてありますが間違いだらけですので、コメントは日本語でどうぞ。

日本語のブログもやってます。

http://goltteria.blog26.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。